流産手術・中絶手術について | 天神レディースクリニック
福岡県博多・天神にある由診療・保険診療・婦人科は天神レディースクリニック
0120-718-802
受付時間:10:00 - 19:00
休診日:不定休

流産手術・中絶手術について

ABORTION

流産手術・中絶手術について

人工妊娠中絶について
よくあるお問い合わせを踏まえ、より詳しくご説明ページを御用意しました。
料金シュミレーションから当日急ぎのご利用手順、お申込み方法までより詳しくご説明いたします。
営業終了後の緊急ダイヤルもご用意しました。
人工妊娠中絶について詳しく読む

手術の一般的な流れ(流産手術)

日本では「母体保護法」という法律で、妊娠21週までは人工妊娠中絶が認められています。しかし、妊娠22週以降はいかなる理由があっても中絶はできません。出産するか、中絶するかと悩んでいる間に22週になってしまったということも少なくありません。また、14週以降になると通常の分娩と同じように経腟的に【お産】をする形になり、陣痛をおこさなければなりませんので、できれば10週前の方が望ましいと思います。
思った以上に妊娠がすすんでいるということもありますので、ぜひ早めにご相談ください。
お忙しい方や遠方からの方には「初診日当日の手術」も可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。

手術の一般的な流れ

WEB予約はこちらから

診察以外の予約はWEB予約ができませんので、電話(0120-718-802)でご予約ください 

来院時にご持参いただくもの

[持ち物]
1.人工妊娠中絶同意書 こちらよりダウンロードできます。
成人されている方用
未成年の方用



上記、同意書をご自身でプリントしていただき、ご記入の上、来院当日ご持参ください。
2.生理用品
3.ご費用
※来院前にbeauty passport plusにて問診票をご入力されると、当日スムーズに手術が受けられます。
beauty passport plus の詳細はこちら

天神レディースクリニックの特徴

無痛への取組

1

「前処置」は行なわず、手術前の痛みをなくし患者さまの負担を軽減。

前処置とは、手術前日などに手術を行いやすくするために、子宮の入り口に特殊な医療材料を挿入し、翌日の手術まで挿入したままにすることです。しかし、前処置を行うと痛みが伴うこと、手術日の前日にも病院へ行く必要があること、子宮を傷つけてしまうといったトラブルも発生する危険性があります。当院では、前処置を行わなくても安全に手術可能な技術を確立しています。

2

手術時、点滴をする際の針が刺さる痛みも取ります。

手術室に入りますと、麻酔薬を注入するための点滴を行います。その際の腕に針を刺す痛みも取り除き、手術中のみならず、手術前からより痛みを少なくすることをめざしています。

3

手術は手術後は約2~3時間の休憩後、お帰り頂けます。

当院の手術では手術後の痛みも少なく、翌日から日常生活も可能です。シャワーも手術当日から可能です。入浴は手術後1回目(1週間前後)の検診時に医師から止められない限り、開始して差し支えありません。

4

手術中に手術後の痛みをおさえる麻酔薬を使用し、
患者さまの手術後の痛みも最小限にします。

手術中に手術後の痛みをおさえる麻酔薬を使用することで、患者さまの手術後の痛みも最小限にします。手術後から次の検診時までの期間も十分量の鎮痛剤をお渡しします。

安 全

5

肥満・喘息・あがり症(緊張症)・花粉症・鼻炎・アレルギー体質の患者さまへ。

肥満・喘息・あがり症(緊張症)の患者さま、花粉症・鼻炎・アレルギー体質の患者さまに対して麻酔を行う場合、呼吸困難などの手術中リスクが高くなります。 そのため麻酔科標榜医の資格を持つドクターが手術を行うことで、安全に呼吸管理を行います。

6

経験豊富な医師が在籍しています。

経験豊富で対処法・技術も習得しており、身近な病気から合併症をお持ちの患者さまでも、考えられるリスクに対応できるクリニックです。

体制と環境づくり

7

広い「手術室」&予備の機器。

安全性を重視した広い手術室は徹底した滅菌による清潔環境となっており、患者さまの感染対策と安全対応に万全を期しております。電源装置や全ての機材も予備を整えていますので、万が一の故障・地震などの災害時でも高水準の医療を提供できます。

プライバシー

8

完全個室の相談室・手術説明室。

手術の相談・予約などにも完全個室でプライバシーを守ります。

9

手術後、処分に困る書類は責任をもってシュレッダー処理。

手術が無事に終了し、書類の保管にお困りの場合は、スタッフに渡していただければ必要の有無を確認後、責任をもってシュレッダーにて処分します。

アフターフォロー

専門医が常在のため、緊急対応可能

10

次回の妊娠へのフォロー体制。

次回の妊娠に悪影響を及ぼすのは、感染症と子宮に大きな傷をつくることです。
感染症を起こさないために手術室・機材室の滅菌を徹底し、患者さまの感染症対策を行っております。当院では20年以上の経験を持ち、実績十分な医師が手術を担当いたします。数回目の手術であっても次回の妊娠への支障はありません。子宮が妊娠前の状態に戻るまで万全の体制でフォローアップを行います。

中絶手術について

妊娠12週未満の中絶手術

妊娠初期の中絶の方法には吸引法と掻爬(そうは)法があります。 吸引法は、吸引チューブで胎児と胎盤を吸い出す方法で、子宮の内膜に傷がつきにくく手術と麻酔の時間が短くなります。
術後の回復が早く、安全で清潔な方法です。
掻爬法は、鉗子で胎児と胎盤を掻き出す方法で、子宮の内膜に傷がつきやすく、手術と麻酔の時間が長くなり、患者さんの負担が大きくなります。 当院は吸引法で行っていますが、掻爬法を併用することもできます。また、吸引法で使用する吸引チューブは、すべて滅菌ずみで、1回ごとに交換のため、とても清潔で、1日に何例もできます。
感染の症例はありません。

妊娠12週をこえた方の中絶手術

妊娠12週をこえた場合は、法律により胎児の埋葬が必要になります。
13週からは術前の処置が必要で、14週以後は原則として陣痛による分娩方式になります。
また手術としては、妊娠14週以降は通常の出産をする場合とほとんど変わらないため、手術費用は高額になります。
その他に胎児の火葬等の費用がかかります。詳細はお電話、又は来院しておたずね下さい。

料金(税別)

妊娠7週未満 100,000円
妊娠8週未満 110,000円
妊娠10週未満 115,000円
妊娠11週未満 140,000円
妊娠12週未満 155,000円
当日のご予約/土日祝祭日対応 上記価格に+21,800円
術前採血費 10,000円

※中絶手術には、基本的に保険が適用されません。

ご予約・お問い合わせ

0120-718-802
受付時間:10:00 - 19:00
休診日:不定休

よくあるご質問