【緊急避妊】天神・博多の低用量・アフターピル処方【土日祝可】 | 天神レディースクリニック
福岡県博多・天神にある由診療・保険診療・婦人科は天神レディースクリニック
0120-718-802
受付時間:10:00 - 19:00
休診日:不定休

「アフターピル」で、不安を安心に
「低用量ピル」で、生理痛の軽減に

  • 定休日もなく、アクセスも良いので、いつでも安心!
  • 院内処方なので安心価格!
  • 患者様第一の処方!
  • 緊急避妊ピル(アフターピル)は早めに飲むほど効果が高くなります。
    出来るだけ早めに御相談くださいませ。

    ご安心ください!
    すぐにピルの処方のご案内が可能です。

    生理(月経)や妊娠のコントロールに役立つピルを、当院では即日処方しています。
    はじめてピルの処方をご希望される場合、問診・診察を行い、基礎知識や飲み方などを丁寧にご説明いたします。

    避妊に失敗してしまった時

    アフターピル(ECピル)

    避妊に失敗してしまった時やその可能性がある時、望まない妊娠を防ぐために用いるのがアフターピル(ECピル)という緊急避妊薬です。モーニングアフターピルと呼ばれることもあります。薬の種類によって飲み方が変わりますが、例えば「ノルレボ錠」1.5mgの場合、性交後72時間以内に、1錠を1度に服用します。
    処方料金 8,000円~
    アフターピル(ノルレボ錠1.5mgの場合)による効果を得るには、性交後72時間以内に、1度に1錠を服用してください。
    ●アフターピルの副作用
    頭痛、めまい、疲労感、乳房の張り、嘔吐、下痢、不正性器出血など。
    生理(月経)をずらしたい時

    低用量ピル

    生理が旅行やスポーツの試合など大切な予定と重なってしまうと、困りますよね。そんな時に、低用量ピルで生理をずらすこと(月経移動)ができます。生理を遅らせる方法が一般的ですが、早める方法を希望される方にも対応しています。ほかにも、生理不順やPMSの改善、生理痛や経血量の減少などのメリットがあります。
    処方料金 2,600円~
    低用量ピルであるヤスミンの効果をより効率的に得るには、毎日1錠を同じ時間帯に継続して服用する必要があります。
    ●低用量ピルの副作用
    軽い吐き気、頭痛、乳房の張り、不正出血、血栓症(非常に稀)など。

    西鉄福岡(天神)駅から徒歩1分と好アクセス!継続した治療にも便利

    所在地 福岡県福岡市中央区天神2-6-13 ジェムキャッスルきらめき通り 4F [MAP]
    交通アクセス 西鉄福岡(天神)駅から徒歩1分 (西鉄天神大牟田線)
    天神駅から徒歩3分 (福岡市営地下鉄空港線)
    天神南駅から徒歩5分 (福岡市営地下鉄七隈線)
    薬院駅から徒歩8分 (西鉄天神大牟田線)
    薬院大通駅から徒歩9分 (福岡市営地下鉄七隈線)

    天神レディースクリニックについて

    駅近で便利!
    定休日がなく電話やWEBで簡単に予約できます

    九州最大の繁華街として名高く、福岡の歴史的名所も数多く集まる「天神」。そんな魅力あふれる街で、女性のための医療を専門に行っているのが「天神レディースクリニック」です。
    西鉄福岡(天神)駅から徒歩1分という好アクセスで、遠方からいらっしゃる方にも安心です。
    診察の前後にショッピングやお食事を楽しんだり、予約時間までカフェですごしたりと、時間を有意義に使えるのも魅力。
    定休日を設けず、土・日・祝日や夜間も診察対応しているので、平日や日中のご来院が難しい方も気軽にご予約いただけます。
    夜7時までの電話予約のほか、空き状況がわかりやすく24時間いつでもOKのWEB予約も実施。仕事が忙しくなかなか電話ができない方や、電話に抵抗がある方にも大変好評です。

    院内処方で安心価格を実現。
    費用を抑えてピルを購入できます

    診療後、病院内で薬を受け取るのが「院内処方」、病院の外の調剤薬局で薬を処方されるのが「院外処方」です。
    当院では院内処方を行っているので、薬局へ移動する手間や時間的な負担がありません。
    そして何より、院内処方は費用を抑えられるのが大きなメリットです。例えば避妊を目的とした低用量ピルの場合、毎日継続的に飲み続けるもの。
    だからこそ、「できるだけ費用を抑えたい」という女性の思いに応えします。
    また、ピルの処方は一般的に保険適用外の自由診療扱いになりますが、当院では適正価格にとことんこだわっています。

    患者様第一の処方

    「ピルを服用することへの不安」「人には言えない悩み」をお持ちの方は、ぜひ天神レディースクリニックへお越しください。 当院ではピルの処方をご希望される場合、問診・検診が必要です。 お体に異変がでないか、ピルを飲み続けても大丈夫かどうかを事前に確かめさせていただいています。 患者さまのお体の状態を第一に考え、各種検査をお願いしています。

    経験豊富なドクターが担当

    天神レディースクリックの医院長 森千恵子。
    産婦人科と美容皮膚科を25年経験し、女性の心身を熟知するドクター。博士号も取得する知的派でもある。 美容評論家として出演するTV番組でもおなじみの底抜けに明るいキャラクターもあり、たくさんの女性ファンの支持を獲得。リピーターも多い人気の美容外科医師です。

    診療の予約・確認・変更・
    キャンセルが出来ます。

    当院は完全予約制です。
    空き状況がすぐに分かります。

    無料メール相談 来院予約

    ピルにまつわる疑問にお答えします!

    低用量ピル

    ピルはいつ飲めばいい?
    生理(月経)が始まる1〜5日以内に服用を開始します。飲む時間帯に指定はないので、朝でも夜でもご自身の飲みやすい時間でOK。飲み忘れを防ぐため、毎日同じ時間に飲んで習慣化するのがおすすめです。携帯や時計のアラームを利用している方も多いようです。
    ピルを飲むと太る?
    ほとんどの場合、そのような心配はありません。ピルを服用することで体調が整い、食欲が出て食べすぎてしまうことが原因とも考えられます。
    将来的に妊娠しづらくなる?
    そのようなことはありません。個人差はありますが、低用量ピルの服用をやめると1〜3ヶ月以内に生理(月経)周期が安定し、排卵も再開します。
    ピルを飲んでも生理がくるの?
    低用量ピルでホルモン量の変動を抑えると、毎月規則正しく生理がくるようになります。通常よりも出血量が少ないのも特徴です。
    ピルと一緒にサプリメントやほかの薬を飲んでも大丈夫?
    医薬品やサプリメントには、お互いの効果に影響をおよぼすものや、相性が悪いものも稀にあります。念のため医師に相談すると安心です。
    ピルで性感染症も防げる?
    防ぐことができません。性感染症やHIV感染(エイズ)の予防のために、必ずコンドームを使いましょう。
    ピルを飲んでいる期間、飲酒はできる?
    大丈夫ですが、飲みすぎて吐いてしまうと、ピルも一緒に体外に出てしまいまい効き目がなくなってしまいます。服用後2時間以内に嘔吐しないように注意してください。
    確実に避妊をするには?
    女性ホルモンに似た成分が含まれる低用量ピル(OC)は、排卵を抑制する働きがあり、経口避妊薬と呼ばれます。飲み忘れがないように正しく服用すれば、避妊効果はほぼ100%です。いろいろな種類があり、有効成分の配合量や飲み方が少しずつ異なるので、自分の体や生活習慣に合うものを、医師と相談して選びましょう。
    →経口避妊薬の安全性についてはこちら(厚生労働省HPへ)

    アフターピル

    アフターピルは本当に1回飲めば効く?
    ノルレボ錠というアフターピルの場合は、1回の服用で効果があり、避妊率は85%程度とされています。薬の種類によっては2回飲む場合もあります。
    72時間以内なら、いつ飲んでもいい?
    72時間以内ならいつでも構いませんが、性交後なるべく早めに飲むことで避妊率が上がります。
    避妊の成功はいつわかる?
    一般的には、次回の生理(月経)予定日前後に、通常通り出血がある人が多く、それが成功のサインです。アフターピル内服後、数日〜21日で出血がある人もいます。確実に知るためには、服用3週間後に妊娠反応検査を受けるのがおすすめです。
    性交後でも効果があるのはなぜ?
    妊娠は、排卵→受精→受精卵の着床と3ステップで進みます。アフターピルは、1段階めの排卵と3段階めの受精卵の着床の両方を抑制することができるため、性交後でも効果があるのです。
    アフタービルを飲んだあとの生理(月経)はどうなる?
    一般的には次回月経予定日前後に、通常通り出血があります。ただ、アフターピルは、生理周期を強制的に変更することで妊娠を防ぐもの。そのため子宮に負担をかけることになり、人によっては生理痛がきつくなったり生理不順になったりすることがあります。