WEB予約
0120-718-802
受付時間:10:00 - 19:00
休診日:水曜日

性感染症

STD

性感染症

性行為感染症は「Sexually Transmitted Diseases」の日本語訳で、略して「STD」と言われています。これらは性行為(SEX)において感染する病気のことで、下記の病気が代表的なものです。現在、10代・20代を中心に増えてきています。

WEB予約はこちらから

手術など診察以外の予約はWEB予約ができませんので、電話(0120-718-802)でご予約ください 

クラミジア感染症

『クラミジア・トラコマチス』という微生物の感染によって起こる病気で、ここ最近で若い世代に急増しているSTDです。性行為(SEX)によって膣から子宮に感染しますが、今はオーラルセックスによって感染し、喉の病気を引き起こす例も増えてきています。急増の原因としては、自覚症状が軽い為、知らないうちにパートナーも感染しているというケースが挙げられます。

○主な症状

おりものがいつもと違う感じであったり、多量の水溶性のおりものがあれば病院に行きましょう。自覚症状が少なく、気付かないこともあります。パートナーがクラミジア感染症と診断されたときは必ず婦人科を受診しましょう。

○検査方法

子宮の入り口の細胞を軽く綿棒でこする検査です。
当院では喉の検査は行っておりません。

○治療方法

抗菌剤を処方します。

ヘルペス感染症

ウィルス性(単純ヘルペス・ウィルス)の感染症です。外性器に小さな水泡(水ぶくれ)ができ、それが破れると潰瘍が多発し、それが2週間ほど続いた後になくなります。潰瘍は左右対称にできるのが特徴で、局所にはっきりした病変が無い時でも性器からウィルスを排出してしまい、パートナーに感染する可能性があります。特徴として、症状が消えても体力が落ちると再発する恐れがあるということが挙げられます。

○主な症状

感染後、2日~7日間の潜伏期間のあとに、外性器に水泡(水ぶくれ)ができ、痛み・発熱の症状が出てきます。ひどくなると、排尿時に激しい痛みを伴い、排尿が出来なくなることもあります。また、太腿の付け根のリンパ腺が腫れたり、高熱が出ることもあります。

○治療方法

治療は抗ウィルス剤と軟膏との併用で、1~2週間で改善します。重度の場合は入院治療が必要になることもあります。

梅 毒

スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマという細菌によって感染します。感染経路は主に性行為(SEX)です。自覚症状がすくなく、潜伏期間が長いため、知らないうちに多くの人に感染させてしまう可能性があります。又、感染したまま妊娠すると胎児に感染し、先天梅毒児となります。この病気は早めに治療すれば完治しますが、放っておくと脳の神経がおかされることもあります。
外陰部に大豆~そら豆大の硬いしこりを見つけたら、すぐに病院へ行きましょう。

○主な症状

【第1期:感染~3ヶ月】

2~3週間の潜伏期間後、外陰部に大豆~そら豆大の硬いしこりができます。そけい部のリンパ腺も腫れますが、この時期に痛みはありません。
これらの症状は一度、自然に消えますが治ったのではありません。

【第2期:感染後3ヶ月~2・3年くらい】

この時期は、全身に菌が広がる時期で、感染力が最も強い時期です。 梅毒疹というバラ色の発疹が全身にできます。完治しないでいるとこの状態が2~3年続きます。又、頭痛・発熱・間接痛・倦怠感などの症状が出ることもあります。

【第3期:感染後2・3年~10年くらい】

骨・筋肉・内臓などに硬いしこりができます。

【第4期:感染後10年以上経過】

心臓・血管・神経までおかされる状態で、死に至ることもあります。進行性の麻痺・梅毒性の動脈炎・脊髄の痛み・認知症・失禁等の症状が出てきます。

○検査方法

血液検査で分かります。検査は性行為後1ヶ月以降をおすすめします。

○治療方法

抗生剤投与で治療します。

淋 病

この病気は、「Neisseria gonorrhoeae(淋菌)」を病原菌とする病気です。淋菌は尿道や子宮頚管の粘膜を好み、性行為(SEX)によって膣内の粘膜に感染します。最近ではオーラルセックスによって女性の喉から淋菌が検出されるケースが増えてきているようです。淋菌は、身近に感染者がいる場合、感染者が使用したタオル類や浴室の床・浴槽の縁などからも感染する可能性があります。妊婦が感染すると、赤ちゃんが結膜炎(淋菌性)にかかることがありますので、きちんと治療しましょう。
おりものに異変を感じたら、又はパートナーに自覚症状(ペニスからのうみ・排尿時の痛み等)が出たら病院へ行くことをおすすめします。

○主な症状

感染後2日~7日間の潜伏期間後に症状が出てきます。感染後、黄色いおりものが出て、排尿時に痛みを伴ったり、尿道の出口が赤くなったりします。(クラミジア感染と似ています。クラミジアと淋病の両方同時にかかることもあります。)女性の場合は症状が軽い為、感染した事に気づかず放置しておくと、淋菌性膣炎・子宮内膜炎・卵管炎の発病を招き、激しい下腹部痛や発熱を引き起こすことになります。パートナーに自覚症状(ペニスからのうみ・排尿時の痛み等)が出やすいので、パートナーの健康状態に注意してください。

○検査方法

子宮の入り口の細胞を軽く綿棒でこする検査です。
当院では喉の検査は行っておりません。

○治療方法

抗菌剤の内服薬で治療します。

尖圭コンジローマ

『ヒトパピローマウィルス』によって感染する病気です。イボ状のものが肛門の周りや膣口、小陰唇の内側にできます。イボ状のものは米粒・小豆粒くらいの大きさで、にわとりの鶏冠のようになっており、増えていくとカリフラワー状になります。
おできなど、できものを見つけたら病院に行きましょう。

○主な症状

感染後、3週間~3ヶ月後に米粒・小豆粒くらいのイボ状のものが肛門の周りや膣口、小陰唇の内側にできます。この症状が初期症状で痛みが無く、多少の不快感を覚える程度(少々のいたかゆさ)です。症状が進行していくとイボ状のものが増えてカリフラワー状になり、外陰部全体が腫れあがります。そして、かゆみ・熱・排尿痛・性行為痛・歩行時の痛みが症状として出てきます。

○検査方法

肉眼で判断します。

○治療方法

当院では、ベセルナクリームを塗り治療します。
ベセルナクリームで治りにくい場合は電気メスで焼灼します。

エイズ

キャリア期
ほとんどの人は症状が出ませんが、ごく一部の人に風邪に似た症状が出ます。また、検査の陽性、陰性を判断する抗体が出来るのに性行為(SEX)後1~2ヶ月かかりますので検査(採血による)は性行為(SEX)後2ヶ月以降をおすすめします。
エイズ関連症候群期
比較的軽い症状が出ます。例えば、微熱や38度を超える高熱が出たり、リンパ腺が腫れたり 、食欲不振、下痢、体重減少などです。

トリコモナス

トリコモナスとは、トリコモナス原虫という肉眼では見ることのできない原虫が性器内に入り込み炎症を起こす性病の一種です。
他の性感染症(性病)とは異なり、若年層だけでなく中高年にも幅広く感染者がみられます。
膣内や子宮頸管、膀胱や尿道に寄生します。
尿道に感染した場合は尿によって流される可能性があります。
また感染経路が多く、主な感染は性行為(SEX)ですが下着やタオル、便器や浴槽といった場所から感染する可能性があります。
つまり、性行為の経験のないかたや幼児も感染する場合があります。
おりものに異変を感じたら、または膣やその周辺部分に強いかゆみや痛みを感じたら病院へ行くことをおすすめします。

○主な症状

トリコモナスが膣内で増えるに従って、膣の自浄作用が損なわれ、様々な細菌が発育増加することで、泡状で異臭の強い黄色いおりものの増加、膣やその周辺部分に強いかゆみや痛みを感じます。 悪化すると炎症が卵管まで進み、不妊症や早産、流産をまねく程ひどくなってしまいます。 トリコモナスは感染していても症状が出ないという感染者のかたが約20~50%います。 その為、気づかずに放置するといったケースが多いです。 放置してしまうと、病気は悪化する一方で治ることはありません。

○検査方法

膣分泌液の検査を行います。

○治療方法

一般的に薬の服用と腟錠による局所療法の併用を行います。

ご予約・お問い合わせ

0120-718-802
受付時間:10:00 - 19:00
休診日:水曜日

よくあるご質問